バイク de お詣り!    TOPページへ ごあいさつ お詣り日記本山57寺院巡り お寺まとめ会員ページ 参考資料バイクの歴史


  ごあいさつ
初めて七面山に登詣したのが2015年5月でした。きっかけは、友人が七面山を登詣した際にFaceBookに掲載した写真です。静かな佇まいの敬慎院、雲海の中の富士山、「この山にぜひ、登りたい!」そう強く思いました。そこで友人たちと、七面山に登詣し敬慎院に一泊して修業をしようということになりました。
しかし、問題がひとつ。。。私は、ラグビー日本代表の五郎丸選手と身長・体重が似かよっており、圧倒的に違うのが体脂肪率・・・(汗)。
そんなわけで、「この体格で登れるか??友人たちに迷惑かけないか?」というのが心配でした。そこで考えたのが、2ヵ月後の登詣までトレーニングをすることでした。が、そのはずだったのに、「トレーニングするより、ひとりで登ってみたらいいじゃん」との考えが芽生え、2日後にはバイクで日帰りで行ってきました。
 
そのことを日ごろお世話になっている先生に写真を見ていただきながら報告すると、「お父さんが写ってる」と。。。。私には緑色の光の玉のようにしか見えないのですが。「お父さんがお山(七面山)に連れてきてもらって喜んでいますよ!」と言われました。それでハッとしました!
父は、私が23歳の11月に亡くなりました。51歳の若さです。今年(2015年)は、自分がその年齢になる年でした。「親父が亡くなった年齢に自分がなる」この思いは数年前からとても強いものでした。この日から、ご先祖様に喜んでいただけるよう、手を合わせることをきちんとしていこうと思いました。
 
それから先生に仏教の本をお借りしたり、自分で調べたりしながら法華経や日蓮宗への自分なりの理解ができました。
そのようなわけで、今更ながら「ご先祖様に感謝する」ことを自分の日常にしようと思った次第です。下の写真は、ひとりで日帰りで登詣した初めての七面山の写真です。ここから大きく変わりました。


2015年5月23日 七面山日帰り登詣   
敬慎院にくると、たくさんのお上人さんや係の方に出迎えられ中にとおしていただけました。お茶をいただき、来年5月までは修理のためご本尊が手前にきており、御開帳をお願いすると近くで拝むことができるとのこと。そこで御開帳祈願をお願いしました。そこには私ひとりだけで、まるで私のためだけにお上人さんはお経をあげ、御開帳くださいました。とてもありがたかったです。
その後、宝物殿を案内いただき、お万の方様が使っていた手鏡や、大岡越前守のお母さんの鏡など、大変貴重な品々を拝見することができました。お釈迦様の骨を祀っているお堂も拝見しました。とても充実しており、ありがたいことでした。
   
 AM3時自宅を出発 6時、七面山登詣開始です   お万の方様が滝行をされた白糸の滝にお詣りします  天気もいいです
     
 さ、登詣します! 途中の休憩所でソフトクリーム!うまし!  0.1トンのこの体、登りはきついです   ゆっくりペースで登ります
       
 半分の二十五丁目まで来ました! 山並みがきれいです   お地蔵さんにご挨拶 かわいらしいお地蔵さんです 
     
 七面山の天然の水をペットボトルに汲みます 江戸時代の道しるべ  お腹が空いたのでおにぎりです!  あと一息です! 
途中で敬慎院のお上人さんが来られ、
いろいろ説明くださいました
   
頂上では若い4、5名のお上人さんが
出迎えてくれました。 
鐘を突かせていただきました
 富士山です。とてもきれいです。
麓から約4時間で到着です
 この坂を下ると敬慎院に到着です  後ろを振り返ると門の間に富士山が
   
敬慎院です 
2000m近い山によく建てたものです
 ようやくゴールです!  ちょうど五十丁目!  数珠を手首にして登りました
       
 下りは約2時間で下りることができました。
途中の休憩所で名物のところてんを食べました!
さ、支度をしてバイクに乗ります!   帰りは、身延の久遠寺と妙石坊に
お詣りして帰りました。